体の仕組みを知ってサロンを効果的に利用しましょう

今女性に話題の全身脱毛。

 

毎日のムダ毛処理が面倒。

 

しなくってもすむと人気集中の美しくなる方法です。とはいってもそんな光脱毛ですが少し待って。

 

みんなはその体にある毛のメカニズムなどをわかってる?脱毛のお店に行く前に毛のことについて知識を得ていることはすごく重要です。

 

毛について知っているかは脱毛の為のサロンに行った時も質問したいことを尋ねやすくなります。

 

でも、自分に生えてる毛がどういうものなのか知っててサロンを選ぶ人は案外少ないと思います。

 

なわけでここは体の体毛ってどんなものなのか話しましょう。

 

 

毛根部

最初に毛の仕組みから話しましょう。

 

皆様をある体毛はお肌の部分から見えてるところを「毛幹」お肌から下に合ってみえないところを「毛根」と呼びます。

 

その奥、ムダ毛の根元、毛根部に続いている球のところを「毛球」と呼ばれこの毛球の先端には「毛乳頭」と呼称する部分があります。

 

さらにその奥毛乳頭の所には毛細血管を通して栄養素を取り込み、体毛を長くさせる役目があります。

 

このことから、体の毛が成長するには体の毛の中でも細かく言うといっちばん奥の毛乳頭、つまり毛球の先っぽが最重要です。

 

このようなわけで自分で見えてる部分を剃ってきれいにしても毛乳頭のところが存在していると体毛は伸びます。

 

そんでもってこの毛乳頭と呼んでいる部分には毛母細胞と呼称されるものが作る役割を持っています。

 

自分の毛抜きで抜毛することで毛乳頭を取っちゃっても毛母細胞と呼ばれるところが、

 

そのままになっていると次の毛乳頭が出来ちゃうのでまたしても体毛が成長します。

 

 

体毛そのメカニズムと伸びるスピード

体の毛は長くなる、抜けるちょこっと休息してふたたび長くなるという風にパターンを繰り返します。

 

体毛が伸びてるときは血管から毛乳頭のパーツにまで成長するために必要なものが届けられてきて毛母細胞の場所にまで届きます。

 

そうなると、毛母細胞の部分の細胞の分裂がどんどん分裂して毛球のパーツが作られるのです。

 

このような仕組みで、ストップすることなく毛母細胞のところが多く出来てきてとうとう体の毛として目で見えるところにまでがっつりと長くなっちゃいます。

 

次に、成長の速さについてです。体毛が長くなる速さは毛が生えている身体のパーツによって変わってきます。

 

頭にある毛髪は長くなるスピードが速くて1日で1/3mmほど長くなります。さらにワキの毛もとても速く伸びてきて髪の毛と同じくらいの速さで成長するのです。

 

他の部分で言うと眉や目の周りのまつ毛は長くなるスピードは落ちて24時間で1/10mmほどしか伸びません。

 

以上に述べたようにひとつ体に生えている毛といってもその成長していく速さは違います。

 

 

毛周期ってどんなもの?

今度はさっき述べた毛の周期とはどういうものがあるのか、ちょっとだけしっかりとまとめました。

 

上で、長くなる、抜ける→生える繰り返すと書きました。

 

詳しく説明すると身体の毛はお休み・伸長・退行と新しく体毛が生まれるための3つの周期があります。

 

休止期の毛は見えないところで次の体毛が長くなるための準備期間です。

 

成長期で伸びていくための栄養素を吸い入れてぐいぐい伸びます。

 

退行期になると毛乳頭と体毛がつながりがなくなって離れて抜ける時期をいいます。

 

このような理由で伸びる期間にある体毛を除去したとしてもお肌の奥にある見えない箇所にその後今度伸びてくる体毛が待っている状態です。

 

このような理由で時間をかけて毛をとっても次の周期に入ると後から伸びようと待っていた毛が生えてきて成長してくるのですね。

 

さらにはお肌から目で確認できる部分は全部の1/3くらいでしかないと言われています。

 

しかも毛の周期というものはそれぞれ毛があるところで少しずつですが変化してきます。

 

身体ですこぶる抜け落ちるまでの周期がかかるのが髪で長くなる時期が4年近くあって退行の時期になると手を加えなくても抜け落ちます。

 

もっと言うと詳しく言うと毛髪は1日50本も落ちると言われます。もっと言うと顔のとこと体のとこの毛を比べてみたよ。顔から生えている毛の周期の方が短め。

 

顔はその多くの部分が2カ月程度の毛周期で身体部分の毛のその多くの毛周期が3カ月から4カ月。

 

そのため、全身の毛を一度に処理しても顔の毛が先に生えてきてしまうんですね。

 

 

体毛の役割

ムダ毛と呼称されてますが、実は、そのムダ毛にも利になかった役割があるのです。その目的をお話します。

 

毛には1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能これら4つの役割を持っています。

 

最初に肌を守る働きからです物理的な接触から防護することを指します。

 

わかりやすいのは頭部は髪の毛がワキは摩擦からの保護のために生えていることがといったことです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒いところで寒さから守るための保温の機能、反対に強い日光が当たる時は熱戦を防いでくれるんだ。

 

さらに、感覚機能です。

 

実は、ごくわずかではありますが、感覚は体毛にも感知する目的があります。

 

体毛を処理すると、皮膚の触覚が弱くなるという伝えられています。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体に生えてる毛には有害な紫外線から肌を直接浴びないようにするための役目を持っています。

 

まとめたようにムダ毛と呼んでいても、しっかりとした存在意義があります。

 

 

きちんと知識を

ここまで私たちに生えている体毛について話しました。

 

体毛がどうなっているのかムダ毛のことわかった?

 

毛の仕組みが分かれば、光をつかった脱毛がどのようなものでサイクルを納得しやすくなり、脱毛サロンを探す時に失敗しにくくなる間違いないですよ。

関連ページ

自己処理より脱毛サロンがオススメ
自己処理より脱毛サロンが断然オススメです。費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど自己処理より脱毛サロンでの脱毛が断然お勧めです。
1回で脱毛が終わらない理由とは?
1回で脱毛が終わらない理由とはどのような理由があるのかをお教え致します。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、それは施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。脱毛が1回で終わらない理由が分からない方は是非ご覧ください。